地図は苦手だけど、路線図は好きらしいよ。

わたしの忘備録。備忘録。。。

2017年も終わっちゃうらしいよ。

お久しぶりです。

長い長い修論の呪縛からひとまず解放されました。

なんとか、無事に提出したのです。

 

修論の執筆作業は、性格をよく表します。

ある人は、コツコツと。

わたしは、衝動的に。

ある人は、机に向かって。

わたしは、ソファの上で。

そうです。

昨年度、ソファの上で作業したあの日々にはちゃんと意味があったのです。

一人暮らしをするときには、まず、ソファを購入したい。

あわよくば、ソファの上で仕事をしたい。。。。

 

さて、そんなこんなで帰省してすぐに、補聴器の調整に行きました。

なんと、1年半ぶりの補聴器屋さん。そして、聴力検査。

 

この1年半

特に聴力が下がることもなく

特に補聴器が壊れることもなく

特にストックの電池がなくなることもなく

過ごしてきたのだけども

補聴器を装用し続けて生活するには、うるさすぎる。

でも、音がないと不安。

というわがままっぷりを発揮しながら調整してもらいました。

 

良い感じ。

 

私の耳ですからね。

つけ心地は大事です。

正直、購入してから一番のつけ心地じゃないかと自負しております。

補聴器屋さんに感謝です。

 

さてさて。

今年もいろんなことがありました。

いろんなことがありすぎて、正直自分自身でも整理できていません。

春にはふわっと終わりであり始まりである不思議な時間を過ごし

夏にはしれっと就活して

秋にはいそいそと働き

冬にはうんうんと論文を書きました。

 

やりたいことをやりきって

欲しいものは全力で欲しがって

「なんとかなる」と言いつつ周りに「なんとかしてもらう」

1年でした。

 

でも相変わらず

「あなた」の世界を知りたい。

のスタンスは変わらないでいると思う。

 

ある採用試験を受けるにあたって、わたしが情報保障の依頼をした時のこと。

その試験でわたしは、受付で補聴器の確認をされたり、本当にきこえにくいのかわからないからってその場で改めて「わからない」と自己申告するまでアナウンス原稿をもらえなかったり、(大学の大講義室なんていう大きな部屋だったのに!)面接に手話通訳をつけてもらえなかったりって経験をした。

面接にあたった部屋はたまたま狭くて反響の少ない部屋だったから良かったものの、ききとった内容が本当にあっているものなのか不安の中試験を受けることになった。

いやね、普通に試験を受けるだけでも不安になるのにききとれるのかなんていう健聴の人以上の不安をもって試験に臨む時点で平等じゃないよなって思ったり。

それに、なんでみんなのメガネは確認されないのに補聴器だけ確認されちゃうんだろうって。

ききとれないからって分かっているからあらかじめアナウンス原稿の配布をお願いしているのに、「きこえなかったら」言ってくださいってなんなんだろう。

いや、あんな広い教室で「わかりません」っていうの結構恥ずかしいんだよ。

結構音入ってたような気もするけど全部わかるなんて自信はもてないよ。

あぁ。きこえるかきこえないかの判断ができるんだったら最初からお願いしないんだけどな。

 

そもそも、「きこえる」ってどんな感覚なんですか。

 

それを切々に感じてポロポロ泣いたりした日もあったのです。

 

そしてこの前、中国から日本に留学してきている友人と話をしていた時のこと。

彼女がぽろっと

「学力や語学を見ないで中国人だからと〇〇ができないと決めつけられるのは悔しい。」

と言っていた。

そうなんだよね。

「わたし」を見ないで「わたし」の属性だけで何かを判断されたり実力を疑われたりするのってものすごく悔しい。

 

わたしの周りには、幸い「わたし」をみてくれる素敵な人で溢れている。

ポロポロ泣き続けるわたしに根気強く付き合ってくれる人がいる。

(この付き合い方、結果的にはとてもおもしろかった。)

わたしもそんな素敵な人たちを「あなた」として相手の世界を大事に大事にしていきたい。

 

4月からのお仕事も決まりました。

「あなた」の世界を知りたいよ。

を楽しんでいけそうなお仕事です。

 

プライベートでもちょっと冒険をしようと思っています。

正直こわくてしょうがないけど、これを乗り越えたらまた何かが始まるような気がしています。

わくわくしている気持ちも大切にしたい。

あと、やっぱり、思う存分甘やかされたいです。

偶然と必然は紙一重、らしいよ。

私はよく転ぶのですが、先日の保育健康論の講義で、なんと、右足に土踏まずがないことが判明しました。

歩くの結構好きなんだけどな。

寮ではスリッパじゃなくて草履を履いちゃうくらい気を使ってるつもりだったんだけどな。

 

先日宣言させていただいた青春18切符の旅から、無事帰還しました。

(帰還っていっても、2週間くらい前に)

西は加古川線、東は東北本線まで乗りました。

(5回にわけたけど。)

ある人から

「電車、本当に好きなんだね。もしくは、暇なんだね。」

とコメントされましたが。はい。まぁ、実際のところ両方ですよね。

(嘘です。調子乗りました。まだ試験も終わってないし研究もやることだらけです。)

最近行きたいのは、埼玉の鉄道博物館です。

京都の鉄道博物館もそれなりに楽しかったけど、

(寝坊したり交通手段の選択ミスったりネコと戯れたりしたせいでなぜか1階しか見れなかった)

JR東日本の方がやっぱり馴染みがあるから埼玉に行きたい。

(この前、ヒルナンデスで特集されてたのが決め手でしたね。メディアの影響、受けまくり。)

 

今回の青春18切符の旅、ちょっと漫画みたいなことが起こったので

私の忘備録、いや備忘録として記録しておきます。

えへへ。

 

それは、草津滋賀県)から東京都内へ移動するときのこと。

静岡駅で313系に乗車し、ちょっとはしゃいで車窓から見える線路をカメラにおさめ一息ついた私の目の前に、何やら見たことのある人が座っていたのです。

 

 

 

・・・。

 

ちょっと目を細めてみる。

 

(あ、やっぱり・・・)

 

ちょっと、手を振ってみる。

 

(気づいてくれない)

 

もうちょっと大きく手を振ってみる。

 

(やはり、気づいてくれない)

 

しびれを切らしたわたしは電車の中だというのにそれなりに大きな声で

「ちょ!おにいちゃん!!」

と呼びかけてみる。

 

ロングシートの向かい側に座っていた男性が、目を細めたと思ったらすぐに目を見開いた。

そして、笑い始めた。

 

「ちょ!なんでここにいるの?」

 

 

 

 

はい。

ロングシートの向かい側に、わたしの叔父が座っていたのです。

東京在住のはずの叔父です。

 

我が家の電車大好きは、母方の祖母・叔父ときてわたしまで受け継がれているわけなのですが、その叔父が何と同じ車両に乗っていたのです。

いやー、話を聞けば叔父は大阪からいそいそと青春18切符で旅をされていたそうで・・・。

 

 静岡から新宿まで、たぶん道中の3分の1くらいを叔父と過ごしたのでした。

 

偶然なのかな。

必然なのかな。

まぁ、どっちでもいいんだけど、きっとこの2つは紙一重なんだと思う。

あと、これが重なるのはきっと運命なんだと思う。

運命は、直感でわかるのかもしれない。

それだったら、信じた直感を大事にしたいなぁと思う。

もしかしたら、あとから振り返ってみて「あぁ、これって運命なのかもしれない」ってなるのかもしれない。

それだったら、その大事な過去を時折眺めながら過去が重なってきた今を大事にしたいなぁと思う。

どちらにせよ、私は「運命」を信じるし、信じたいなぁと思います。

だって、その方が、楽しそうじゃん。 

 

っていう、わたしの夏の思い出でした。

残り少ない関西での生活を楽しみつつ、本当に残り少なくなるように研究やらないと。

 

。。。。

あー!だらだらしたい!!!

(院生室のソファーで昼から熟睡しがちだけど。)

 

 

 

「同じ場を同じタイミングで共有したいじゃん。」らしいよ。

あれよあれよという間に前期が終わってしまったみたいです。

7月も終わり、そろそろ8月。

最近の贅沢は、クーラーガンガンの部屋でお布団に包まることです。

「くるまる」って「包まる」って書くんだね。

文字どおりだけど、なんか、いい。

 

前期は

来年度の私、何やってんだろう。。。

と考えつつも、結論が出ないまんま終わってしまいました。

そのうち、来年度どうなるのかも記せたらいいなぁと思います。

一応、やりたいことはなんとなく見つけて、それに向けて私なりにモチベーションはあげてます。。。。。一応。

 

それはさておき。

(いいのです。おいておきませう。そうしませう。。)

先日、ライブに行ってきました。

。。。

ってゼミの先生に言ったら

「きこえないのに、どうやって楽しむの?」

と言われたのですが。

まぁ、それなりに楽しみました。

 

春先のある日。

友人から一通のラインが届いたのです。

「7月に中野サンプラザ藤原さくらちゃんのライブがあるんだけど、行かない?」

ライブだって。

学部1年の時に東京女子流のライブに行って以来だよ。

あの時は、まだ左耳の聴力も今よりは若干良くて、

補聴器もしていなかった(結局この時のMCはよく聴き取れていなかったけど)

あの頃以来のライブだって。

ちょっと不安だったけど、

さくらちゃん、たまに聴くしなぁ。。。

くらいのノリで

「行く行く!」

と二つ返事をしたのでした。

 

当日。

中央線の車内で友人と待ち合わせていざ中野サンプラザへ!

MCは誘ってくれた友人が手話通訳してくれました。

その曲をどんな思いで作ったのか

今、どんな気持ちでさくらちゃんがステージに立っているのか

周りからどんな声援がとんでいるのか

そんなのをマジマジと感じながらライブに参戦したのです。

やっぱり、生のステージはいいなぁ。

音が身体に響いてくるし

臨場感がまた、いい。

今まで補聴器をしていなかった頃のわたしは、ライブに行ってもドラムの感じしかわからなかったんだけど

今回補聴器をしてライブに行ってみて、ギターとかキーボードの音もわかりました!

多分、事前にCDきいてて、そこに音があると知っていたからなのかもしれないけど。

でも、その、ライブって本当にいろんな音で構成されているんだなぁってしみじみ思った。

さくらちゃんが感極まって泣いちゃったシーンがあったんだけど、

MCを通訳してくれた友人のおかげで、感動も共有できた、そんな気がする。

 

今回は、事前にさくらちゃんの曲をウォークマンに入れて、めっちゃ聞きました。

歌詞も歌詞カードを見ながら知って。

だから、イントロと友人の通訳のおかげで大体の情報はつかめたんじゃないかな、と思う。

 

わたしね、

合奏中に指示内容をテイクしてくれたり、自分のパートを静かなところで吹いてくれたり

ミュージカルに誘ってくれたり

ディズニーでアナウンスの内容をスマホに打ち込んでくれたり

パソコンから流す音楽を共有しようと歌詞カードを検索してくれたり

ライブ会場でMCを手話通訳したり曲を手話で口ずさんでくれたり

そんな素敵な人たちに囲まれてます。

きこえないのに、どうやって楽しむの?」って思うのが普通だと思う。

自分が楽しみたい時に、わたしに通訳したりしなきゃいけないの、きっとだるいしめんどいと思う。

それでも、

「同じ場を同じタイミングで共有したいじゃん。だって、お互い好きなことなんだから」

って言ってくれるんです。

みんな。

「できないでしょ?」じゃなくて「どうやったらできるかな」

を自然に考えてくれるんです。

 

あー。

きょうも私の世界は幸せにまわってます。

だから、その、将来もね

「同じ場を同じタイミングで共有したいじゃん。だって、お互い好きなことなんだから」

の感じで、いろんな人の世界が回っていくような、そんな世界を作れたらいいなぁと思うのです。

 

そういえば、ライブが終わった後に吉祥寺に出てお酒を飲んだんです。

そしたらそこのお店の店員さんも前日にさくらちゃんのライブに行ってたらしくって。

最後に記念撮影してもらったのでした。

店員さんもちょこっと手話に興味を持ってくれて

「〇〇って手話でどうやるの?」

とか言ってくれて、それもまた、嬉しかった。

また、どこかでお会いできたらいいなぁ。。。

 

ってことで、学生最後の夏休みだし

明日からは、青春18きっぷの旅をしてきます。

わくわく。

もともと電車大好きなんだけど、先週までの帰省で毎日電車に乗って遊んでたらなんだかもっと電車に乗りたくなっちゃって。

道中に読みたい本もいくつか見つけたので、のんびりと本を読みながら電車の旅をするのです。

(研究も、するよ。パソコン、持っていくよ。)

てつがく。食わず嫌いしていたらしいよ。

6月から郵便料金が上がることに5月31日の夜に気づき

慌てて送らねばならない書類たちを郵便ポストに投函しました。

無事に届いてますように。

 

そういえば最近、テレビ電話先にもお腹の音が聞こえるらしく

(私には相手のお腹の音なんて聞こえない。ずるい。。。)

生活環境音には気をつけないといけないなぁと感じつつも

(一応寮生だから)

どうせ聴こえないし、とお風呂で人に会っても挨拶をしないという技を身につけつつあります。

(わざと視線をそらすのにも注意が必要なんだと学んでいる)

でも、談話室でテレビを見るときには消音にして字幕で見てます。

(やっぱり環境音に気づけないやつと思われるのはちょぴっとこわい。だけど大きいテレビで見たい)

 

本日の最高気温は28度で勿論半袖仕様となりました。

そんなこんなで毎日8時間睡眠をしないと生きていけない大学院生をしています。

 

以前も書いたんだけど、大学の図書館でアルバイトをしていまして。

教科書やら哲学書やらを配架しながらふと思ったのです。

 

 

 

なんで、「哲学」を「倫理」の授業で扱うんだろう。

 

 

 

いや、「哲学とは」なんていうたいそれた哲学を語る気は今の私にはさらさらないです。(考え出したら迷子になりそう)

でも、私の直感としては哲学って必ずしも倫理的じゃないと思うんですよね。

そんでもって、倫理って哲学的だと思うんですよね。

 

辞書で調べてみたけど

「倫理」・・・人として守り行いべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な基準となるもの。

「哲学」・・・人生・世界・事物の根源のあり方・原理を、理性によって求めようとする学問。

 

ほら。

倫理ってあり方のひとつじゃないんですかね。。。

 

つまり

倫理→哲学 は成立

でもその逆の

哲学→倫理 は成立しないんじゃないかと。

 

まぁ、そもそも倫理の授業って何がやりたいのかさっぱりわからなくて基本的に爆睡していたし、

テストも「ま、普通に考えたらコレジャナイ?」くらいの当てずっぽうで解いて大体当たるという逃げ方をしてきたので

倫理=哲学=嫌い

となっていました。

大学の社会科学の講義も「哲学」って言葉が出てきた瞬間に虫酸が走って

ありとあらゆる手段を使って逃げました。

 

 

実際、本当はそんなに嫌いな理由もなくて。

哲学=なんか嫌

みたいな。そんな感じ。

理性なんかよりも直感の方がラクじゃない?

みたいな。

 

ただ、最近の私は

「なんで〇〇なんだろう」

の問いの答えを求めるべく

フレイレだってニイルだってラッセルだって読むようになったし

(まぁ、いいとこ取りしているだけなんだけど)

そもそも

「なんで〇〇なんだろう」

をぐるぐる考えることを結構面白いとさえ思うようになってきていて。

(ただ、時間があるだけなのかもしれない。お金はないけど。)

 

ある時ある人に

「わたし、哲学って嫌いなんですよねー」

って話したら

「そんなに常に哲学的な問いかけをしてくるくせに?」

と返されてしまったんですよね。

「なんで〇〇なんだろう。それはどうしてだろう。。。」

 

ばっかり言ってるらしいです。

最近の私。

まぁ、確かにそうかもしれないし

ちょっと「哲学」のこと食わず嫌いしてたのかも。

 

そもそも、

「なんで〇〇なんだろう」

って思ってさえいないのにただ偉人たちの言葉をひたすら並べられたって

「ふーん」

って感じだよな。と。

てか、思考なんて言葉で説明できるもんじゃなくない?

どうせ、後付けじゃろ。

って哲学って分野に対して感じてた。

 

でも、こんなにも自分の思考を言葉にできない現状を考えると

私の「倫理意味わからん」っていう偏見のせいで

6年くらい「哲学的」という言葉に対してアレルギー反応を起こしていたのは

ちょぴっともったいなかったのかもしれないです。

 

誰かの考えを押し付けられている気がしてたまらなかった倫理の教科書は

今読んでもやっぱり抵抗があるけど

自分が「なんで〇〇なんだろう」と思ったことを

同じように疑問に思って自分なりの考えを言葉にしている人の言葉を読んでいくのは結構楽しいもんなんじゃないかと気づくことができたよ。

っていうここ最近を過ごしているよ。

っていう生存報告でした。