地図は苦手だけど、路線図は好きらしいよ。

わたしの忘備録。備忘録。。。

偶然と必然は紙一重、らしいよ。

私はよく転ぶのですが、先日の保育健康論の講義で、なんと、右足に土踏まずがないことが判明しました。

歩くの結構好きなんだけどな。

寮ではスリッパじゃなくて草履を履いちゃうくらい気を使ってるつもりだったんだけどな。

 

先日宣言させていただいた青春18切符の旅から、無事帰還しました。

(帰還っていっても、2週間くらい前に)

西は加古川線、東は東北本線まで乗りました。

(5回にわけたけど。)

ある人から

「電車、本当に好きなんだね。もしくは、暇なんだね。」

とコメントされましたが。はい。まぁ、実際のところ両方ですよね。

(嘘です。調子乗りました。まだ試験も終わってないし研究もやることだらけです。)

最近行きたいのは、埼玉の鉄道博物館です。

京都の鉄道博物館もそれなりに楽しかったけど、

(寝坊したり交通手段の選択ミスったりネコと戯れたりしたせいでなぜか1階しか見れなかった)

JR東日本の方がやっぱり馴染みがあるから埼玉に行きたい。

(この前、ヒルナンデスで特集されてたのが決め手でしたね。メディアの影響、受けまくり。)

 

今回の青春18切符の旅、ちょっと漫画みたいなことが起こったので

私の忘備録、いや備忘録として記録しておきます。

えへへ。

 

それは、草津滋賀県)から東京都内へ移動するときのこと。

静岡駅で313系に乗車し、ちょっとはしゃいで車窓から見える線路をカメラにおさめ一息ついた私の目の前に、何やら見たことのある人が座っていたのです。

 

 

 

・・・。

 

ちょっと目を細めてみる。

 

(あ、やっぱり・・・)

 

ちょっと、手を振ってみる。

 

(気づいてくれない)

 

もうちょっと大きく手を振ってみる。

 

(やはり、気づいてくれない)

 

しびれを切らしたわたしは電車の中だというのにそれなりに大きな声で

「ちょ!おにいちゃん!!」

と呼びかけてみる。

 

ロングシートの向かい側に座っていた男性が、目を細めたと思ったらすぐに目を見開いた。

そして、笑い始めた。

 

「ちょ!なんでここにいるの?」

 

 

 

 

はい。

ロングシートの向かい側に、わたしの叔父が座っていたのです。

東京在住のはずの叔父です。

 

我が家の電車大好きは、母方の祖母・叔父ときてわたしまで受け継がれているわけなのですが、その叔父が何と同じ車両に乗っていたのです。

いやー、話を聞けば叔父は大阪からいそいそと青春18切符で旅をされていたそうで・・・。

 

 静岡から新宿まで、たぶん道中の3分の1くらいを叔父と過ごしたのでした。

 

偶然なのかな。

必然なのかな。

まぁ、どっちでもいいんだけど、きっとこの2つは紙一重なんだと思う。

あと、これが重なるのはきっと運命なんだと思う。

運命は、直感でわかるのかもしれない。

それだったら、信じた直感を大事にしたいなぁと思う。

もしかしたら、あとから振り返ってみて「あぁ、これって運命なのかもしれない」ってなるのかもしれない。

それだったら、その大事な過去を時折眺めながら過去が重なってきた今を大事にしたいなぁと思う。

どちらにせよ、私は「運命」を信じるし、信じたいなぁと思います。

だって、その方が、楽しそうじゃん。 

 

っていう、わたしの夏の思い出でした。

残り少ない関西での生活を楽しみつつ、本当に残り少なくなるように研究やらないと。

 

。。。。

あー!だらだらしたい!!!

(院生室のソファーで昼から熟睡しがちだけど。)