読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地図は苦手だけど、路線図は好きらしいよ。

わたしの忘備録。備忘録。。。

新年度早々踏んだり蹴ったり、らしいよ。

どうも。

2月8日生まれB型です。

ついにM2になってしまったようです。

ついに講義も始まったようです。

 

ちなみにお花見は5回もしました。

うち2回は、今にもはち切れそうな蕾を愛でました。

小籠包を頬張り汁を飛ばしながら愛でた日もありました。

しかし、あくまでもさくらをみることが目的だったと思ってます。

小籠包、地味に美味しかったね。

 

先週、ヒョーゴに戻ってきました。

先日の身体計測で体重が前年比プラス約4キロという偉業を達成し

(ちなみに身長は1センチ縮んでいた)

問診の時にお医者さんから心配されながら今年度をスタートさせました。

きっとポケットの中にiPhoneを入れっぱなしだったことと

前日の夜ご飯に食堂で大盛りの白米を食べたことが原因なのではないかと信じております。。。

(あ、直前にお弁当とお菓子をおなかいっぱい食べたせいかもしれない)

 

そんなわたしが相変わらずやらかしてしまったお話。

 

 

 

ヒョーゴに戻ってきた日。

高速バスを乗り継ぎ大学の無料シャトルバスに乗りながら私は考えたのです。

 

はて。鍵はどこにしまったんだっけ。

 

そもそも鍵をバックに入れた記憶がない。

もちろんポケットにも入っていない。

 

あぁ、行きに着ていたトレンチコートの中だ。

 

ここまでは結構すぐに思考が回ったのです。

 

が、しかし。行きに着ていたトレンチコートはもうヒョーゴでは着ないだろうと思って実家に置いてきたのですよ。

神戸とかならまだしも、トーキョーに。

 

バスを降りて支援課に行くものの営業終了でドアにロックがかかっているし

とりあえず、警備員さんに泣きつく。

警備員さんにも

「こんなこと聞いたことないよ。」

「学部1年生さん?まぁ、早いうちに経験しておいってよかったね」

と慰められ、半ばふて腐れながら

「M2です。。。」

と答えてみたりして支援課に電話してもらったのでした。

ようやくつながり、支援課からスペアキーをお借りしてその日は無事自分のベッドで眠ることができたのでした。

 

鍵には気をつけましょう。

鍵には。

 

この春休みは

会いたい人と思う存分納得のいくまで会い

井の頭線をはじめとした私鉄・JRそして高速バスに感謝)

食べたいものは納得のいくまで食べ続け

(一晩で牡蠣を7つも食べたり)

さくら見たさで井の頭公園に4回も通い

(やっと思う存分タピオカを味わった)

随分楽しみましたが、本業は亀の歩みのようにのろのろとしております。

修了したくてたまらないのに修了が危ないのではないかというのが目下の悩みでございます。

 

にしても、さくらが散っていく様子を皆さんはどう表しますか?

「儚い」なのかなとも思うんだけど。

(人編に夢。人が見る夢はすぐに消えてしまうってのがまたなんとも言えなくなんかぐるぐるしちゃう。)

でもなんだか最近、さくらが散っていくその様子がこわかったりする。

咲いている時は大きなかたまりなのに

散っていく時は1枚1枚溢れるようにとんでいっちゃう。

一度とびだしたらもう止められない。

そんな感じ。

なんてことを思いながら、本日の雨模様を眺めているのでした。