読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地図は苦手だけど、路線図は好きらしいよ。

わたしの忘備録。備忘録。。。

2017年が始まったらしいよ。

新年、明けちゃったみたいです。

ここ最近

「あ、気づいたら年越してたんだ・・・。」

なんて年越しが続いていた。

けど、昨年はいろんなことがあったし

今年はちょっと気持ちを新たに1年を迎えたいなぁなんて思って

前回書いていたように除夜の鐘を鳴らしに行ったのです。

 

妹たちと

「頬の香り」なんて星野源の表現はエロいと盛り上がったり

相葉ちゃんのあの最後の涙にキュンキュンしたり

なんかよくわかんないけど紅組が優勝して我が家の三女がぶーたれたり

(彼女は懸命に一曲ごとに視聴者投票に勤しんでいた)

わいわいと紅白を楽しんだ後、まるで家出をするかのように真夜中の家を飛び出して

11月の初めにひいおばあちゃんを納骨したばかりのお墓の前で

「明けましておめでとーー!」

とさけんでみた。

きっと、ひいおばあちゃんはいつものあの笑顔で「はいはい」って見てくれていたことでしょう。

 

さけんだ後は除夜の鐘の列にいそいそと並んだ。

JKはなんでも写真に撮りたがるから、

新年早々三姉妹でキャーキャー言いながら写真を撮りつつ。

でも、いざあの鐘のある建物に入る時ちょっと緊張してみちゃったり。

あ、この鐘をつくのか。何を考えながらつこうか。なんてことで頭をぐるぐるさせる。

そして、よく考えのまとまらないうちに自分の順番がやってきて

檀家さんたちとご挨拶をして鐘をついてみた。

あぁ、1年が始まったんだなぁ・・・・

ってなんとなく思うわけです。

 

次の日はおばあちゃんのお家に新年のご挨拶に行き

2日はかの有名な(公正取引委員会も認める豪華な茶箱と福袋がウリらしい)

仙台初売りをプラプラしてみた。

全国ネットでも放送されていたらしい。

それはさておき、午後からちゃっかり三社参りにも行ってきた。

今年の干支の酉年(母は年女なのです)の神社と、

私の干支の戌年の神社と、

三女と父の干支の辰年の神社。

 

除夜の鐘もついたし、三社参りもしたし

今年はきっといい年になる。はず。

お正月って気合いを入れて縁起を担ぐけど、

きっと8月くらいにはそんなこと忘れちゃうんだろうな。。。

きっとそれぐらいめまぐるしい1年になるんだろうなぁって思っているのです。

 

そいえば、三社参りでまわれなかった次女の干支の丑年の神社にも実は参ってきました。

わざわざ遠出してまで。

そこでのおみくじがとてもとても興味深いものだったのですが

私の人生がこれからどうなるかなんてきっと「神のみぞ知る」なのです。

心の中にしまっておこう。

 

2017年が始まりました。

私は相変わらず「すきなことを、すきなだけすきなように」やっていますが

正直本当は臆病なのです。

できることならば、安全な巣の中でじっと誰かに守られていたい。

泣きそうになったら誰かに抱きしめてもらいたい。

(いや、泣く頻度多すぎてそれは非現実的かも)

ちょっと寒いなって時に誰かとほうじ茶を飲んでホッとして

夜、ちょっと作業を頑張ろうかなって時には美味しいコーヒーを飲みたい。

一人の時間も確かに好きだけど、そんな時間を誰かと共有したいのです。

やっぱりそんな時間を求めてトーキョーやセンダイに帰りたいなって思うわけです。

そう。ヒョーゴに戻ってきちゃったのです。

トーキョーやセンダイは「帰る」がしっくりくるけど

ヒョーゴはまだまだ「戻る」場所なのです。。